ママ活サイトアプリ

MARIAはママ活で使えるサービス?特徴と現状を調査した結果は?

MARIA

MARIAがどのようなサービスなのか知りたい方も多いのではないでしょうか。

MARIAはママ活に使えるという噂がありますが、本当なのかどうかを見極めたいと思うのはもっともなことでしょう。

この記事ではMARIAがどのようなサービスなのかがわかるように詳細をまとめました。

ママ活に使えるのか、詐欺のリスクはないのかといった角度から詳しく紹介するので、MARIAが魅力的なマッチングサービスかどうかをぜひ考えてみてください。

MARIAは20代の男性をターゲットとして完全無料で利用できる仕組みにしているママ活プラットフォームです。出会い系のサービスではサイトでもアプリでも男性の費用負担が大きいのが一般的ですが、MARIAなら無料で利用できます。運営会社情報がないことに加え、SNSのアカウントが凍結されていることも考慮すると利用するかどうかは慎重に考える必要があります。
会員数  
ユーザー層  
特典  

【MARIA】会員登録はこちら

MARIAとはどのようなサービスか

MARIAとは20代男性をターゲットとしてサービスを展開しているママ活プラットフォームです。

男性も女性も審査制で登録した男女の間でマッチングする仕組みになっています。

女性は審査基準が厳しく、一流の女性として認められた人だけが登録することが可能です。
MARIAがどのようなサービスなのか知りたい方も多いのではないでしょうか。

MARIAはママ活に使えるという噂がありますが、本当なのかどうかを見極めたいと思うのはもっともなことでしょう。

この記事ではMARIAがどのようなサービスなのかがわかるように詳細をまとめました。

ママ活に使えるのか、詐欺のリスクはないのかといった角度から詳しく紹介するので、MARIAが魅力的なマッチングサービスかどうかをぜひ考えてみてください。

MARIAは20代の男性をターゲットとして完全無料で利用できる仕組みにしているママ活プラットフォームです。出会い系のサービスではサイトでもアプリでも男性の費用負担が大きいのが一般的ですが、MARIAなら無料で利用できます。運営会社情報がないことに加え、SNSのアカウントが凍結されていることも考慮すると利用するかどうかは慎重に考える必要があります。
会員数  
ユーザー層  
特典  

【MARIA】会員登録はこちら

MARIAとはどのようなサービスか

MARIAとは20代男性をターゲットとしてサービスを展開しているママ活プラットフォームです。

男性も女性も審査制で登録した男女の間でマッチングする仕組みになっています。

女性は審査基準が厳しく、一流の女性として認められた人だけが登録することが可能です。

MARIAでは登録に成功した女性が希望を出して男性とのマッチングを受ける仕組みになっています。

男性は登録したら女性からのオファーがあるのを待つ必要があります。

MARIAの基本情報と利用料金

MARIAはあまりサービスや運営会社の情報を公開していません。

会員になった人の間でクローズドのサービスをしているのがMARIAの特徴です。

運営会社や所在地も完全に非公開になっています。

■MARIAの詳細
会員数 非公開
1日の書き込み件数 非公開
ユーザー年齢層 非公開
特典サービス なし
出会い率 不明
運営会社 非公開
所在地 非公開
運営歴 非公開

MARIAは女性が利用料金を負担し、男性は完全無料になっているのが特徴です。

ママ活は女性がパトロンとしてリードするのが一般的なので、男性の費用負担をなくす仕組みにしています。

その代わりにMARIAでは女性がオファーを出す権利を持つルールにしてうまくバランスを整えているのが特徴です。

男性がママ活をするときに完全無料のところはほとんどありません。

MARIAの特典サービスとも言える点です。

女性にとっても多数の男性が登録していて、魅力的なパートナーを見つけられる可能性が高いのがメリットになります。

MARIAがママ活で出会いやすいと言われる理由

MARIAはママ活をするときに出会いやすいという口コミがあります。

MARIAはママ活を公認している出会い系サイトやマッチングアプリとは異なる料金体系にしているからです。

出会い系のサイトやアプリでは女性は無料、男性は費用がかかるのが一般的になっています。

しかし、MARIAでは料金体系が逆転していて、女性が有料、男性が無料です。

ママ活をするときには経済的に苦しいのが男性側で、女性はパトロンになります。

ママ活をするために男性が費用を負担するのは厳しいのが実情で、本来なら無料にして利用しやすくするべきだと思っていた女性もいるのではないでしょうか。

MARIAはこの点に着目して男性無料のサービスにしています。

他ではママ活ができなかった男性も登録できるので、女性にとってもより良い相手を見つけられるチャンスがあります。

男性も女性もママ活目的なら出会いやすいのがMARIAの特色です。

MARIAの基本的な使い方

MARIAに登録してママ活をするときにはどのような流れでマッチングを受けたら良いのでしょうか。

MARIAではまず公式のLINE@を友だち登録する必要があります。

公式サイトからLINEのQRコードをスキャンして登録しましょう。

LINE@の友だち登録が終わったら、MARIAから連絡があります。

MARIAでは入会するときに男性も女性も面談をして審査を受けることが必要です。

面談の日程調整をして当日に指定の場所でコンシェルジュと話をします。

簡単な質疑応答だけで30分程度で終了です。

審査を通過できたら、MARIAによるマッチングサービスを使えます。

女性はこの時点からいつでも自由に希望の男性を指名することができます。

男性は女性から指名されたときに連絡があるので、都合が合うときにデートに応じましょう。

MARIAでは出会った後は自由になっているため、どのようなママ活に発展させていっても構いません。

MARIAは安全に利用できるか

MARIAは安全にママ活で利用できるのでしょうか。

結論としてはあまり安全性が高いとは言えないので、魅力の大きさとリスクの大きさを天秤にかけて利用するのが重要です。

MARIAは運営会社の情報がまったくないことに加え、ユーザーの個人情報保護についてポリシーを明確にしていません。

MARIAを利用していることが公開されたり投稿されたりすることはないという表記があるだけで、登録手続きのときに提供した情報の管理がどうなっているかわからないのが不安点です。

公的機関に申請してサービスの認可を受けているとも明示されていないので、合法的なサービスになっているかも疑わざるを得ません。

また、MARIAはTwitterとInstagramのリンクが公式サイトにあります。

Twitterのアカウントは凍結されていて、Instagramについてはページが削除されています。

このような状況を考えるとMARIAは利用するリスクが高いと言わざるを得ません。

MARIAの現状のサービスのまとめ

MARIAは同じ名前のサービスが以前に存在していて、口コミでは詐欺とよく言われていました。

別のサイトに誘導させられて高額の登録料や入会費を支払うことになった男性もいます。

ただ、ここで紹介したMARIAは過去に存在したMARIAとは異なります。

しかし、それでも運営会社情報がなく、SNSのアカウントも凍結や削除になっていることを考慮すると、ママ活に利用するリスクが高いでしょう。

男性にとっては完全無料で利用しやすいのは確かです。

女性も魅力的なパートナーを見つけられるチャンスがありますが、リスクとの兼ね合いを考えてMARIAをママ活に利用するかどうかを決めるのが大切です。

このページは【 MARIAの安全性と不安点を総まとめ!ママ活で使えるサイトなの? 】…でした。

MARIAでは登録に成功した女性が希望を出して男性とのマッチングを受ける仕組みになっています。

男性は登録したら女性からのオファーがあるのを待つ必要があります。

MARIAの基本情報と利用料金

MARIAはあまりサービスや運営会社の情報を公開していません。

会員になった人の間でクローズドのサービスをしているのがMARIAの特徴です。

運営会社や所在地も完全に非公開になっています。

■MARIAの詳細
会員数 非公開
1日の書き込み件数 非公開
ユーザー年齢層 非公開
特典サービス なし
出会い率 不明
運営会社 非公開
所在地 非公開
運営歴 非公開

MARIAは女性が利用料金を負担し、男性は完全無料になっているのが特徴です。

ママ活は女性がパトロンとしてリードするのが一般的なので、男性の費用負担をなくす仕組みにしています。

その代わりにMARIAでは女性がオファーを出す権利を持つルールにしてうまくバランスを整えているのが特徴です。

男性がママ活をするときに完全無料のところはほとんどありません。

MARIAの特典サービスとも言える点です。

女性にとっても多数の男性が登録していて、魅力的なパートナーを見つけられる可能性が高いのがメリットになります。

MARIAがママ活で出会いやすいと言われる理由

MARIAはママ活をするときに出会いやすいという口コミがあります。

MARIAはママ活を公認している出会い系サイトやマッチングアプリとは異なる料金体系にしているからです。

出会い系のサイトやアプリでは女性は無料、男性は費用がかかるのが一般的になっています。

しかし、MARIAでは料金体系が逆転していて、女性が有料、男性が無料です。

ママ活をするときには経済的に苦しいのが男性側で、女性はパトロンになります。

ママ活をするために男性が費用を負担するのは厳しいのが実情で、本来なら無料にして利用しやすくするべきだと思っていた女性もいるのではないでしょうか。

MARIAはこの点に着目して男性無料のサービスにしています。

他ではママ活ができなかった男性も登録できるので、女性にとってもより良い相手を見つけられるチャンスがあります。

男性も女性もママ活目的なら出会いやすいのがMARIAの特色です。

MARIAの基本的な使い方

MARIAに登録してママ活をするときにはどのような流れでマッチングを受けたら良いのでしょうか。

MARIAではまず公式のLINE@を友だち登録する必要があります。

公式サイトからLINEのQRコードをスキャンして登録しましょう。

LINE@の友だち登録が終わったら、MARIAから連絡があります。

MARIAでは入会するときに男性も女性も面談をして審査を受けることが必要です。

面談の日程調整をして当日に指定の場所でコンシェルジュと話をします。

簡単な質疑応答だけで30分程度で終了です。

審査を通過できたら、MARIAによるマッチングサービスを使えます。

女性はこの時点からいつでも自由に希望の男性を指名することができます。

男性は女性から指名されたときに連絡があるので、都合が合うときにデートに応じましょう。

MARIAでは出会った後は自由になっているため、どのようなママ活に発展させていっても構いません。

MARIAは安全に利用できるか

MARIAは安全にママ活で利用できるのでしょうか。

結論としてはあまり安全性が高いとは言えないので、魅力の大きさとリスクの大きさを天秤にかけて利用するのが重要です。

MARIAは運営会社の情報がまったくないことに加え、ユーザーの個人情報保護についてポリシーを明確にしていません。

MARIAを利用していることが公開されたり投稿されたりすることはないという表記があるだけで、登録手続きのときに提供した情報の管理がどうなっているかわからないのが不安点です。

公的機関に申請してサービスの認可を受けているとも明示されていないので、合法的なサービスになっているかも疑わざるを得ません。

また、MARIAはTwitterとInstagramのリンクが公式サイトにあります。

Twitterのアカウントは凍結されていて、Instagramについてはページが削除されています。

このような状況を考えるとMARIAは利用するリスクが高いと言わざるを得ません。

MARIAの現状のサービスのまとめ

MARIAは同じ名前のサービスが以前に存在していて、口コミでは詐欺とよく言われていました。

別のサイトに誘導させられて高額の登録料や入会費を支払うことになった男性もいます。

ただ、ここで紹介したMARIAは過去に存在したMARIAとは異なります。

しかし、それでも運営会社情報がなく、SNSのアカウントも凍結や削除になっていることを考慮すると、ママ活に利用するリスクが高いでしょう。

男性にとっては完全無料で利用しやすいのは確かです。

女性も魅力的なパートナーを見つけられるチャンスがありますが、リスクとの兼ね合いを考えてMARIAをママ活に利用するかどうかを決めるのが大切です。

このページは【 MARIAの安全性と不安点を総まとめ!ママ活で使えるサイトなの? 】…でした。