ママ活

Sweet Memory 2(スイートメモリー2)熟女向けママ活マッチングアプリが優れている点

Sweet Memory 2(スイートメモリー2)

hSweet Memory(スイートメモリー)は正式には「Sweet Memory2(スイートメモリーツー)」の名称で運営されているマッチングアプリです。

年上の女性が素敵な年下男性と巡り合うのを支援するマッチングサービスという点に大きな特徴があり、女性目線での運営方針が多数取り入れられています。

男性利用者から見ると、経済力や包容力のある年上女性と出会いやすいことからママ活を目的として登録するのにも向いていると言えます。

ただしSweet Memoryは公式にはママ活を禁止しているため、アプリ内で安全にママ活を行うためにはいくつかの注意事項を守るようにしましょう。

Sweet Memoryは「Sweet Memory2」の正式名称で運営されている熟女向けマッチングアプリです。男性登録者は20代が推奨され入会審査も厳しく行われるなど様々なハードルがありますが、登録してしまえばライバルの少ない状態で自由にママ活が可能になります。公式にはママ活は規約違反となるため、運営に悟られない範囲で活動しましょう。
会員数  非公開
ユーザー層  20代~40代
特典  特になし

【Sweet Memory 2(スイートメモリー2)】会員登録はこちら

ママ活アプリSweet Memoryの特徴とサービス詳細

会員数:非公開
1日の書き込み件数:非公開
ユーザー年齢層:20代〜40代
特典サービス:特になし
出会い率:50%
運営会社:合同会社IOK
所在地:東京都台東区根岸1-1-30-202
運営歴:4年

Sweet Memoryは元々ママ活を支援するアプリであることを目指して開発されていたようですが、現在は情勢の変化もあり公式にママ活利用には制限を設けています。

ちなみに正式名称はSweet Memory2ですが、1は最初から存在していません。

ユーザー年齢層は男性は20代から30代前半、女性は30代から40代がメインとなっています。

会員登録自体は無料ですが基本的な機能を使うためには男女ともに月額料金が必要になります。

女性は完全無料としているマッチングアプリが多い中で女性にも課金が求められる点は、熟女ユーザーをメインターゲットとするSweet Memoryのコンセプトが強く反映された特徴となっています。

また運営する合同会社IOKはマッチングサービスの他にも飲食店経営など多角的に活動しているため、会社の安全性は高いと考えていいでしょう。

ママ活アプリとしてのSweet Memoryの年齢層や出会いやすさ

Sweet Memoryの公式ホームページで推奨されている対象年齢層は男性が18歳以上、女性が30歳以上となっています。

また男性側の登録ハードルはかなり厳しく設定されており、口コミなどを見ても審査に落とされてしまったという声が目立ちます。

つまり男性がSweet Memoryをママ活アプリとして利用するためには、マッチングのしやすさ以前に会員登録のハードルをクリアしておく必要があります。

年齢や容姿だけでなく月額料金を支払う余裕も重要になってくるため、男性登録者の数は相当に低いと考えておいていいでしょう。

しかし、それゆえに一度登録を完了してしまえば裕福でレベルの高い年上女性を選び放題になる可能性は極めて高いとも言えるでしょう。

ユーザーを限定していることからSweet Memoryの会員総数はあまり伸びていないとされていますが、男性視点ではライバルが少ないことはマッチングにおいて非常に有利に働きます。

ママ活にSweet Memoryを使うための方法

Sweet Memoryへの登録はアプリをダウンロードして行います。

iPhone用もAndroid用も登録方法は変わらず、登録には身分証の提示やFacebookアカウントとの連携が必須となっています。

Sweet Memoryの特徴として登録しただけでは一切の機能が使えず、月額課金をして初めて各機能が使えるようになる点が挙げられます。

他の一般的なマッチングアプリのように、とりあえず無料登録をしてサービスの雰囲気を掴むといったお試しができないのには注意しましょう。

月額料金は男性は1ヶ月3,900円から、女性は1ヶ月2,900円からとなっています。

Sweet Memoryにはマッチングに向けて「いいね」を送ったりメッセージの交換を行うといった基本的機能だけでなく、話題ごとに用意された掲示板や「ラブコイン」という投げ銭機能で相手にアピールするといった方法で相手を探すことも可能です。

特にアダルトな話題は公式には禁じられているので、ママ活の相手を探したい場合には掲示板で目的の一致する相手を絞り込んでラブコインを投げるといった方法が有効になるでしょう。

ママ活アプリSweet Memoryの安全性や監視体制について

Sweet Memoryは24時間体制でユーザーの監視を行っているため、安全性が高い一方で運営の監視をすり抜けてママ活の募集をすることも難しくなっています。

そのためママ活目的の利用者は運営に見られても問題のない言葉に置き換えて文章のやり取りをするようにしましょう。

またSweet Memoryではサービス内での本名の使用は避け、ニックネームを使うことが求められています。

実際にデートに辿り着くまで双方の本名はわからないので、メッセージ交換は積極的にするようにしましょう。

そして女性ユーザーをメインとするSweet Memoryらしい配慮として、女性ユーザーからの相談には原則として女性スタッフが対応するようになっている点が挙げられます。

こうした女性向けの配慮はサービス全体に安心感を与え、結果的に男性ユーザーにも恩恵をもたらすため意外と重要なポイントと言えるでしょう。

サクラに関しては、そもそもユーザーの男女比に偏りがあるため敢えてサクラを用意する利点がなくなっています。

そうしたことから他のマッチングアプリのように美人局やサクラを警戒する必要はないでしょう。

このページは【 スイートメモリー2は熟女向けママ活マッチングアプリが優れている点 】…でした。